ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
北京オペラ・ブルース
2006-04-15 Sat 17:24
刀馬旦

製作年度:1986
公司:新藝城(電影工作室)
原題:刀馬旦/PEKING OPERA BRUCE
監督:ツイ・ハーク
出演者:ブリジット・リン、チェリー・チェン、サリー・イップ、マーク・チェン、張國強、ケネス・ツァン、チョン・プイ、午馬、谷峰、黄蝦、李海生
一言:香港映画界を代表する監督であるツイ・ハークの代表作であり、その数ある監督作にあって最も評価される一作。そして香港映画黄金期を彩ったトップ女優、ブリジット・リン、チェリー・チェン、サリー・イップの顔合わせはもうそれだけで贅沢で、それこそが本作最大の見所だ!特に我がブリジット様の魅力的なことと言ったら・・・思わず眩暈が・・・(アホ) とにかく、この一作を機に、中華圏において"男装の麗人"は"美的化身"に続く、ブリジット様の代名詞になったのだった。
しかしながら実を言うと、個人的にはコレそんなに好きな映画ではなかったりする。ツイ・ハークの映画にはありがちなんだけど、何かイマイチ面白味が伝わって来ないんだよね~ 辛亥革命やら袁世凱やらのセリフが飛び交う物語はいささか取っ付き難く、その辺は後の"ワンチャイ"シリーズにも感じられた、個人的にイマイチのれない部分。そんな風に物語の枠組は大きそうに見せてるんだけど、実はその中でやってることは、次元の低い色恋や金銀争奪など欲に絡んだ案外小さいことが多かったりして、何かなぁ~って感じ。個人的にはこういうのでなく、別に高尚でなくてイイんで、『皇帝密使』や『金玉満堂』みたいな純粋なエンターティメントの方が好みだよ。また、チン・シウトンによるアクションも一般的には結構評判良いみたいだけど、一連のジャッキーアクションに馴染んだ当方にはあまりピンと来なかったなぁ。でもまぁハッとするようなイイシーンもあるよ。サリーの京劇に対する想いを映し出してみせるシーンとか、登場人物達それぞれが出会い友情を育む過程とか、3人がお酒飲んでまどろみながら地球儀を囲み祖国や自分自身に対する想いを話すとことかね。
でも何だかんだ言って、個人的にはブリジット様の凛々し過ぎるその勇姿を堪能する映画かな、コレは。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1986 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ファイアー・ドラゴン | 東方不敗在電影江湖 | サンダーアーム 龍兄虎弟>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。