ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
メリークリスマス
2005-12-24 Sat 22:22
聖誕快樂

製作年度:1984
公司:新藝城
原題:聖誕快樂/MERRY CHRISTMAS
監督:クリフトン・コウ
出演:カール・マック、ポーラ・ツイ、ダニー・チャン、ロレッタ・リー、王嘉明(小光頭)、レスリー・チェン、サンディ・ラム、ユエン・ウーピン、趙志凌、施介強、ジェイコブ・チャン
一言:1984年、新藝城(シネマ・シティ)の聖誕節(クリスマス)映画。で、翌85年にまたがって公開された興行成績は、『大福星』『七福星』に次ぐ年間第3位の大ヒットを記録。主演は『悪漢探偵』シリーズでお馴染み、実は当時新藝城の社長も務めていたカール・マックと、日本ではほとんど知られていないが、香港の大物女性歌手ポーラ・ツイ。関係ないけど確かこのポーラは、"Gメン75"の香港版主題歌を歌ってたらしい。
で、映画の方だが、新藝城(後の東方)お得意の旧正月映画のような賑やかな顔触れの出演者と、ホノボノとした展開でなかなか楽しめる。まぁこういうのは、ストーリーよりも登場人物の顔触れを楽しみ、彼らの演じるキャラクターが魅力的ならもうそれだけで結構満足な感じ。本作も脇を固めるアイドル達、ロレッタ、レスリーなんかがイイんだわ。レスリーが自身ブレイクの要因となった"モニカ"の1フレーズをサラッと歌うとこなんて、特にイイよ。また『皇帝密使』でもカール・マックの息子役で出ていた"小光頭"クンがココでも芸達者なところを見せ、楽しませてくれる。そして本作最大の見所は、後に『マトリックス』で世界を席捲することになるユエン・ウーピンの怪演だ!あまり他では役者なイメージのないウーピン師だけど、オイオイこの弾けっぷりは一体何なの?丁度コレを撮った直後くらいに、『女デブゴン 強烈無敵の体潰し!』TV放映PRのために来日し、"カンフーおもしろ大全集"なんかにも出ていたが、あそこでは物静かで真面目そうなオッサンだったけど・・・
レスリーの死後日本では次から次へと過去の出演作がリリースされたが、本作はいまだ未公開。まぁ私はCSスタープラスで英語版を見ることが出来たが、どうせレスリーの映画を出すなら、こういうファン以外が見ても楽しめる作品を出した方が一般受けすると思うし、レスリーファンも喜ぶと思うけどなぁ・・・
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1984 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<いつも心の中に | 東方不敗在電影江湖 | 皇帝密使>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。