ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ミッドナイト・エンジェル 暴力の掟
2012-12-30 Sun 23:38
第一類型危険
製作年度:1980
公司:影藝
原題:第一類型危険/DANGEROUS ENCOUNTER 1ST KIND
監督:ツイ・ハーク
出演者:ロー・リエ、林珍奇、アルバート・オウ、レイ・ロイ、レオン・ポーチ、ロニー・ユー、ジョニー・シャム、アレックス・チュン、スティーブン・シン、ツイ・ハーク
一言:当時30才、後に香港映画界を代表する監督になるツイ・ハークの監督3作目。商業的な配慮を感じさせない、後の作風とは異なるバイオレンス性が押し出された一作。出演者にはロー・リエ、レイ・ロイとそれなりに知名度のあるキャスティングがされてたみたいではあるけれど、もはやいつ見たのかも記憶にはない。映画の方はそれなりに見れた気もするけど、ホント憶えてないなぁ。改めて出演者やスタッフを見ると、ニューウェーブ派の監督仲間が協力してたような節も見られて興味深い。現在ではパブリックドメイン(PD)のDVDが巷にあふれ、見ようと思えば直ぐにでも見れる状況にはあるのだけれど、まぁ敢えて見ることはないだろうねぇ・・・ 実際見直したい気持ちもないではないんだけど・・・ ツイ・ハークはこの後、当時新興の"シネマ・シティ(新藝城)"と契約し、同社のブレインの一人としてヒット作の製作、監督を歴任し、その才能が広く知られることとなる。この映画までの、その作家性と引き換えに、ヒットメーカー、辣腕製作者、トレンドメーカーとして、香港映画界の最重要映画人として確固たる地位を確立していく。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1980 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<トップ・レディ | 東方不敗在電影江湖 | 孔雀王 アシュラ伝説>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。