ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝
2013-01-27 Sun 05:22
DRAGON GATE
製作年度:2011
公司:中國電影集團
原題:龍門飛甲/FLYING SWORDS OF DRAGON GATE
監督:ツイ・ハーク
主演:ジェット・リー、周迅、チェン・クン、グイ・ルンメイ、メイビス・ファン、ルイス・ファン、クリス・リー、孫建魁、リュウ・チュアフィ
一言:ツイ・ハークにとっての思い入れも強いと推測される、巨匠キン・フー監督の名作『決斗!龍門の宿(龍門客棧)』を自身主導でリメイクした1992年『ドラゴン・イン(新龍門客棧)』の後日談にあたる一作で、主演にはジェット・リーを招聘し、満を持して製作された。3D映画として空を飛び、槍や刀、鞭や弓矢が飛び出す目まぐるしいアクションが展開されるが、個人的にはこの手のアクションにはもはやあまり期待するところはなく、やはり感心するところはなかったが、キン・フーテイストのツイ・ハークが好きそうな要素を受け継ぎつつも新たな解釈で展開される物語は、クセのある訳あり登場人物達の欲と裏切りに色恋も交え、それぞれの思惑が絡み合い、なかなか楽しめてしまった。ジェット・リーとしては正直アクションの見せ場的にはどうかと思うところもあるけれど、出演者には中華圏の錚々たるスター俳優を集めているだけあって総じて魅力的で、彼らが演じるキャラクターの立ちも申し分ないく、古装武侠片として悪くない出来。ただしそんな映画に免疫のない日本の一般の観客に受けるかとなると、いささか厳しいのかもね・・・ さらに言えば、テンポがあまり良いとは言えないのだけど、ツイ・ハークとしては前作『王朝の陰謀(狄仁杰之通天帝国)』に続いて名目躍如といったところ。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2011 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<激突 キング・オブ・カンフー | 東方不敗在電影江湖 | 大魔術師Xのダブル・トリック>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。