ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
侠女
2012-04-07 Sat 23:08
リー先生とキン・フーと
製作年度:1971
公司:聯邦
原題:侠女/A TOUCH OF ZEN
監督:キン・フー
出演:シー・フン、ロイ・チャオ、石雋、白鷹、田鵬、苗天、韓英傑、郝履仁、杜偉和、サモ・ハン・キンポー、呉明才、林正英、陳會毅、龍飛、山茅
一言:今となっては香港映画界伝説の巨匠とも言えるキン・フー監督の代表作で、この作品がカンヌ映画祭で高く評価されたことにより、香港の映画人としてはいち早く世界的にその名を知られることになった。ただ個人的には、キン・フー監督作ははっきり言って苦手。一部を除いては、とにかくスローでテンポがユルくて退屈、ってのが勝手な印象。まぁそれ程つまんないってこともないのだけど、この『侠女』にしても同様な感想。世界に評価されたらしい、トランポリンを駆使した飛び廻る剣劇も特に印象的ではなかった。出演者にはそれなりな面子が揃っているけれど、キン・フーの映画はスターで魅せる映画ではないためもあってか、出演者もあまり印象には残っていない。しかしながら、香港映画全体の水準を引き上げ、そして世界に名を馳せることになった後進の香港映画人達、ブルース・リー、ツイ・ハーク、アン・ホイ等に影響を与え、リスペクトされたのは間違いのない事実であり、少なくとも当時の香港映画界では作り得なかった作風、そして京劇の殺陣を取り入れた立ち回りを確立し、また京劇役者の映画界進出の道をつくり、後にハリウッドをも席巻した香港アクションの礎に多大な貢献を果たしたことは、改めて評価されてしかるべしという気にはなる。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1971 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<捜査官X | 東方不敗在電影江湖 | 新少林寺伝説>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。