ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新死亡遊戯 7人のカンフー
2012-03-09 Fri 00:49
飲茶
製作年度:1975
公司:藝雲(邵氏)
原題:新死亡遊戯/THE NEW GAME OF DEATH
監督:林魯岳
出演:ブルース・リィ(何宗道)、龍飛、山茅、蔡弘、馬場
一言:悪名高い本作を、遂に今さら全編まともに見てしまいました・・・ とにかくヒドイっての想像してたので、意外にこんなもんか~って感じで、正直思ってたよりも幾分マシに思えたかも。しかしまぁ実際ヒドイ、相当にヒドイのは間違いない・・・ まずストーリーが変に凝っちゃってて、劇中劇的に展開されるもんだから、甚だ解り辛い、そして当然面白くはない・・・ 肝心の塔のシーンは改めて言うまでもなくタルいことこの上ないんだけど、それ以外のアクションも相当にヒドイ・・・ 冒頭の別段大したことない体操のシーンの方が、その後のアクションよりかはまだちょっと見れるってのが何とも・・・ コレ"ショウブラ"マークで始まるけど、こんな素人が作ったみたいな映画、天下のショウブラがホントに関わってんの???こんな映画が日本はもとより、世界中でリリースされてるってことには実際驚かされる・・・ ヒドイとこ上げてくとキリないけど、それにしてもしかし、何宗道ってのはホント華がないねぇ・・・ あれじゃ主演はもとより、悪役も脇役でさえも務まらんよ・・・("Gメン"のカッコ良さは奇蹟のよう・・・)まぁ整体師でもやってんのが、分相応なんじゃないのかね・・・ ブルース・リーにほんのちょっとだけ似てる瞬間があるかも・・・って人が、主演作何本も撮ったり、監督作まであり、その名が広く欧米まで知られちゃうってのは、逆にブルース・リーがいかに凄いかってことを改めて知らしめてる。分不相応な立場に立たされることになっちゃった何宗道にとっては、それが良かったのか、悪かったのか本人にしか分からんとこだけど・・・ 本家『ブルース・リー 死亡遊戯』の代役候補にも名前が挙がってたらしい何宗道だけど、コレ見る限りやってくれたなくてホント良かった、と思ったよ。こんな体たらくでやられた日には、78版の『死亡遊戯』があのレベルで仕上がったかどうか・・・ 散々悪く言ってきたけど、でもまぁ見ることが出来ないで気になっていたよりは、日本語字幕付きでちゃんと見れて実際にそのヒドさ確認出来たことは、まぁ良かったけどね~
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1975 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<さらば、わが愛 覇王別姫 | 東方不敗在電影江湖 | ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ V 天地撃攘>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。