ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
さらば、わが愛 覇王別姫
2012-03-16 Fri 23:55
覇王別姫
製作年度:1992
公司:湯臣
原題:覇王別姫/FAREWELL MY CONCUBINE
監督:チェン・カイコー
出演:レスリー・チェン、コン・リー、張豐毅、葛優、デビッド・ウー
一言:カンヌ映画祭でグランプリ"パルムドール"を獲得、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされ、中国、アジア映画の地位向上に確かな足跡を残した名作。中華圏の映画人の才能が結集して完成させた、結果的にもある種のドリームプロジェクトだった。そんなこの映画を製作したのが、かつての巨匠キン・フー映画のヒロインとして名を馳せたシー・フン(徐楓)。そして一時期の引退、休養期間を経て復活、主演したレスリー・チェンは、この映画で名実共に世界の檜舞台に躍り出ることになった。そして本作は事実上レスリーの代表作となった。またヒロインを務めたコン・リーにとっても国際映画界で名を高めることとなり、後のハリウッド進出にも繋がる確かな足跡を刻んだ。そして監督を務めたチェン・カイコーは世界の巨匠の一人に数えられる程になったものの、この後その名声に相応しい作品を撮ることが出来ているとは言い難い・・・
個人的には製作、公開から何年か経ってから観たのだけど、事前に聞いていたそのあまりの評判の高さから、かなり構えて観た、という憶えがある。そんな想いでの鑑賞だったに関わらず、思っていたよりも随分敷居は低く、あまり文芸映画を観ない身としても、割と普通に楽しめたという印象だった。意外と平易なストーリーと役者陣の熱演によって、万人受けする映画になっていたように思われる。かと言って、一般的に評価されている程、印象に残ったわけではなかった。ただ今の自分が観てどう感じるか、今一度見直してみたい気持ちもなくはないなぁ~
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1992 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<イップ・マン 誕生 | 東方不敗在電影江湖 | 新死亡遊戯 7人のカンフー>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。