ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
奪命金
2011-11-27 Sun 23:31
奪命金
製作年度:2011
公司:寰亞=銀河
原題:奪命金/LIFE WITHOUT PRINCIPLE
監督:ジョニー・トゥ
出演:リッチー・レン、ラウ・チンワン、デニス・ホー、盧海鵬、ケン・ロー、車婉婉、テレンス・イン、フェリックス・ウォン
一言:2011年東京フィルメックスで上映されたジョニー・トゥの新作。正直言うとジョニー・トゥの映画って、世の中で言われてるほど好きではないのだけど、コレは悪くなかった。銃撃戦やアクション、バイオレンスな描写は抑えられてて、これっていう派手な見どころはないのかもしれないけれど、逆に全編目が離せない絶妙な仕上がり。個人的には主役の一人である銀行員のおネーちゃんの職場での立ち位置がもう不憫で身につまされて大いに感情移入しちゃったよ。一生懸命真摯に働いても現実なかなか報われやしないんだよね・・・ 他人のことを思いやりもしないで上辺だけイイ顔してやってるようなのだけ要領良く上手くやってさ・・・ 最後にストレスから解放されてアイス食べながら香港の街を軽やかに歩いてくシーンにはスカッとしたっていうか、鬱積してた胸のつかえがとれる想いがしたよ。唯一、なけなしの金を投資しちゃったオバサンのその後だけが気になったけど・・・
もはや圧倒的な存在感のラウチン、リッチーの両主役もあまり目立って印象的ではないもののさすがの良さだった。
ジョニー・トゥは、何か救いのない終わり方が記憶に残る気がしてたんだけど、こういうのもアリですな。ってか、個人的にはこういう方が後味が良くて印象イイよ。最近は大陸がかった香港映画ばかり見せられてゲンナリしてたけど、これは真っ当な香港映画でそこも良かった。ブルース・リー生誕日に"生誕祭"ほかして観に行った甲斐があったってもんだよ。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2011 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<燃えよデブゴン3(カエル拳対カニ拳) | 東方不敗在電影江湖 | 新少林寺>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。