ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新少林寺
2011-11-19 Sat 23:59
新少林寺
製作年度:2010
公司:英皇
原題:新少林寺/SHAOLIN
監督:ベニー・チャン
出演:アンディ・ラウ、ニコラス・ツェ、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン、呉京、行宇、余少群、于海、熊欣欣
一言:2011年の旧正月映画。我ジャッキーはゲスト出演ながら、タイトルに"少林寺"の名を冠した本作への期待は少なからず高かった。時の政府に立ち向かう少林寺僧の生死を賭けた闘いを描きながらも、大陸の青空の下どこか牧歌的なイメージのあったリンチェイ版『少林寺』とは異なり、本作は終始灰色の空の下、全般的になかなかシビアな展開で、主要登場人物達も端からバッタバッタと倒れていく。そんなの正直あまり好きな類ではないのだけど、でも見応えはあった。悪政を貪る権力者の覇権争いと、虐げられる市井の人々、って図式は目新しいものではないけど、そこに描かれる登場人物達は皆一様に魅力的で、引き込まれる。特にニコラスの、冷酷無比な美形悪役は最近心境著しいニコラスの演技力も相まって、本作随一の見どころだ。"イケメン"ニコラスが嬉々として残虐行為に及ぶ様には、ゾクゾクさせられた。そして呉京(ウー・ジン)も良かったなぁ~ 彼の役がこの映画の中で一番イイ役なんじゃないかなぁ。その風貌と兄貴分的なキャラクターは、かつての『少林寺』シリーズの胡堅強(フー・チェンチャン)を彷彿とさせた。若干ワイヤーが不自然に目立つきらいはあるけど、アクションもそれなりに見応えあって充実。アクションでは呉京に加えて、久し振りに見た感じがする、衰えを知らないクマキン(熊欣欣)の"鬼脚"振りが凄まじくて、嬉しかった。主演アンディは、若干ニコラスに喰われた感がしなくもなかったけど、"影帝"の実力は発揮。ジャッキーにもちゃんと見せ場が用意されてるけど、そちらはまぁ可も無く不可も無く、ってとこかな。あとは、遂に"少林寺館長(方丈)"に上り詰めた懐かしい于海の重厚感あるアクションを今改めて見れたことも、かつての『少林寺』を見て育った往年のファンとしては嬉しい限り。欲を言えば、螳螂拳が見たかったかも~ ただ唯一首を傾げたくなるのは、白人の描かれ方。コレが、中国大陸資本の投下された"香港映画"の悲しい現実なのか・・・ チョット前に観た『レジェンド・オブ・カンフー』同様、あれは蛇足にしか感じられないよ。まぁとにかく、キツイ描写もあるけど、オールスター競演による功夫映画大作として見応えは十分だ。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2010 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<奪命金 | 東方不敗在電影江湖 | ファイヤードラゴン>>
この記事のコメント
新少林寺みました
ご無沙汰しております。
本日見てまいりました。
私もほぼ、マッキーさんと同じ感想ですね。

宗教色が出ていましたが、キリスト教より受け入れやすい気がしたのは、禅宗だったり、自分がアジア人だからなのかなとおもいました。

私的見解などを書きなぐったテキストがございますので、宜しければご覧下さいませ。
もしかして間違った事も書いてあるかもしれませんが…。

それから以前イラストのコメントを書いていただいていたのを解らずにそのままにしてしまってました。
申し訳ありません。
とても嬉しかったです。

また折をみて悪役列伝でも模写ります^^
2011-11-22 Tue 23:51 | URL | Eska #LLfzqtoA[ 内容変更]
Eskaさん

コメントありがとうございました。
そちらのページの『新少林寺』感想も拝見しました。
同じようなご意見で非常に共感出来ました。
確かに昔の『少林寺』なんかと比べたら宗教色みたいのは感じましたね。

また貴ページでの作品upも楽しみにしております。
2011-11-29 Tue 01:08 | URL | マッキー #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。