ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
香港ばちあたりコップ
2011-08-05 Fri 23:14
温拿
製作年度:1984
公司:羅維
原題:鬼線人/THE GHOST INFORMER
監督:劉鴻泉
出演:レオン・カーファイ、ベネット・パン、ニュー・シューチェン、太保、チャーリー・チョー、李海生、ジェイミー・ラグ、馮敬文、翁世傑、ビリー・ロウ
一言:1984年、既にジャッキーに逃げられて久しいあの"巨匠"ロー・ウェイが、自身のプロダクションで製作した一作。内容はと言えば、香港映画お得意のゴーストモノのコメディなんだけど、まぁ非常につまらないかった印象。主演はまだまだブレイクには程遠い、地味な"メガネくん"時代のレオン・カーファイ。そしてキーとなるキャラクターを演じてるのが"ウィナーズ"出身のベネット・バン(彭健新)って人。"ウィナーズ(温拿)"って、香港ではそれこそ国民的なバンドみたいだけど、メンバーで知ってるのは、アラン・タムに阿B、それにアンソニー・チェンくらい。そしてここで出てるベネットだけど、これがまた全然イケてなくてパッとしてないわけ。ヒロインでニュー・シューチェンも出てたみたいだけど、これまた印象には残ってない。監督も知らん人だし、正直言ってつまんなかったってこと以外には何も憶えてないって困っちゃうような一作。こんな映画なぜに日本でビデオ化されたんでしょうか?ブルース・リー、ジャッキーの御陰とはいえ、実は意外と当時まだ"巨匠"のブランド力が日本では通用したのかも・・・ まぁそれはそれで迷惑な話だけど・・・
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1984 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<愛よりはやく撃て | 東方不敗在電影江湖 | フィスト・オブ・レジェンド 怒りの鉄拳>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。