ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
エンター・ザ・フェニックス
2011-02-18 Fri 23:11
ENTER THE PHOENIX
製作年度:2004
公司:英皇
原題:大佬愛美麗/ENTER THE PHOENIX
監督:スティーブン・フォン
出演者:ダニエル・ウー、イーソン・チャン、スティーブン・フォン、カレン・モク、羅家英、チャップマン・トゥ、チャーリー・チャン、ユン・ピョウ、リー・リクチ、田啓文、ニコラス・ツェ、サム・リー、サミー・チェン、ジャッキー・チェン
一言:次世代の香港映画を担うべく俳優としてのキャリアを着実に積んできたスティーブン・フォンが初めて監督業に乗り出した一作。製作にあたっては、今や香港最王手のフィルム・プロダクションとなった"エンペラー(英皇)"や我らがジャッキーがバックアップし、また盟友ダニエル・ウーやニコラス・ツェ等が出演者として名を連ね、初監督作としては極めて贅沢な環境が揃った。内容はコメディ要素を盛り込んだ黒社会モノ。出来上がりは、可もなく不可もなくといった感じの何だか無難なところ。大して面白くもないんだけど、まぁ普通に見れるかなってくらいで、それ以上ではなかった。個人的にはやっぱりユン・ピョウやジャッキーの顔が見れるのが正直嬉しかったりするんだけど、一方で主演のイーソン・チャンはさっぱりイイとは思えず・・・ はっきり言ってスティーブン監督二作目の『ドラゴン・プロジェクト(精武家庭)』のが遥かに楽しめた印象はあるけど、それはスティーブン監督の成長によるのかな~
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2004 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<ツインズ・ミッション | 東方不敗在電影江湖 | 殺しのストッキング>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-07-07 Thu 19:15 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。