ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
生きてる限り、僕は負けない
2011-03-16 Wed 23:50
嬌姐
製作年度:1978(台湾)
公司:中央電影
原題:汪洋中的一條船/HE NEVER GIVES UP
監督:李行
出演:チン・ハン、ジョアン・リン、郎雄
一言:台湾の名匠と言われる李行監督の文芸映画。90年代に入ってから、唐突に日本でも劇場公開、ビデオ化もされた。ホウ・シャオシェンやエドワード・ヤンなんかの作品が世界的に評価される以前の、このての台湾映画が日本でリリースされることは極めて異例に思われるんだけど、何か特別に理由があったんでしょうか???まぁ悪い映画ではないと思うけど、はっきり言って前時代的なお涙頂戴な印象。身体が不自由な主人公が、様々な困難に挫けることなく立ち向かっていった生涯を描いてる。どうも実在の人の自伝の映画化らしいのだけど、見てみるとそれなりに感動的ではある。
それにしても古臭いこんな映画を、わざわざレンタルビデオを探してまで見たのは、実は特別な理由がありまして・・・ それは"ジャッキー嫁"ジョアン・リン(林鳳嬌)が出演してたからなんであります。おそらくジョアンが出演してる映画でまともに日本で見ることが出来た映画って、これくらいじゃないのかな。
ジャッキーが某河合奈保子と噂になって日本のワイドショーで騒がれ、それまで独身ということになってたジャッキーに実は妻子がいるってことが日本でも報道されたのが90年代の初め頃で、その妻とやらが一体どんな人なのか見てみたいと思ったのが、ジャッキーファンとしての正直なところ。そんな動機で見た映画はまぁそれなりに見れたのだけど、肝心のジョアンがねぇ・・・個人的にはまるで魅力が感じられなかったのですよ。
伝え聞くジョアンは、ジャッキーと結婚する以前台湾の国民的スターであり、当時の台湾映画界ではこの映画の主演チン・ハン(秦漢)、"福星シリーズのハンサム"ことチャールス・チン(秦祥林)、そして我がブリジット・リン(林青霞)様と並び"二秦二林"と称され、またその潔い引退はあの山口百恵にもたとえられたという、いまだに伝説的な存在とも言われる。しかしながら、個人的にはこの一作だけでは、その片鱗も感じることは出来なかったなぁ・・・ ジャッキーの奥さんとしては、陰で支えるその献身ぶりは素晴らしく、非常に好感を持っているのだけれど。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1978 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<マジック・キッチン | 東方不敗在電影江湖 | ツインズ・ミッション>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。