ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
バトル・クリーク・ブロー
2005-11-29 Tue 22:54
バトクリ

製作年度:1980
公司:嘉禾
原題:殺手壕/BATTLE CREEK BRAWL(THE BIG BRAWL)
監督:ロバート・クローズ
出演:ジャッキー・チェン、ホセ・ファラー、マコ、H・B・ハガディ、クリスチーヌ・ド・ベル
一言:1979年暮れ、ゴールデン・ハーベスト(GH)で『ヤング・マスター』を撮り終えたジャッキーは、本来ロー・ウェイの元に戻り『醒拳』を製作するはずだった。しかしこの時期に『醒拳』を撮られては、翌80年の旧正月、言うまでもなく香港映画一番の書入れ時にジャッキー作品の公開が被ってしまう。その事を恐れたGH側は、ジャッキーを拉致り、強引にその身柄をアメリカへと連れ去った。そして"ブルース・リーのように世界のスターにしてやる"と甘くジャッキーに囁いた。(推測・・・)
とにかく、ジャッキーのハリウッド進出作とすべく本作『バトル・クリーク・ブロー』は製作された。スタッフには『燃えよドラゴン』の製作チームが召集され、それなりにジャッキーの個性を生かそうとした作品を作り上げた。当時成功続きで"天狗"になりかけていたジャッキーにとっては、慣れない異国と拙い英語、そして何より思うに任せない撮影現場には不満タラタラだったようだが、改めて見ると本作はそれ程悪い出来ではない。確かに香港時代そのままを期待した向きには不評だったかもしれないが、後にハリウッドで製作されることになる作品と較べると、むしろ本作の方が良かったのではないかという気がする。そうは言いつつ私自身も、子供の頃テレビで見た際の印象はほとんど残っていないのだが。
もしこの時のハリウッド進出が成功していたら・・・ ブルース・リーが成し得たように、映画の歴史を変えることも出来たかもしれない。しかし結果としてはそうはならず、ハリウッドがジャッキーを受け入れるにはまだ15年以上の歳月を待たねばならなかった。そしてアメリカ人がようやくジャッキーに気付いた時には既に、瑞々しく躍動する肉体と、そして溢れ出さんばかりの才能と情熱は過去の遺物となり果てていた。まぁそれがジャッキーにとって、そして我々アジアのファンにとって悪かったのか良かったのか、今となっては知る術はない。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1980 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<死亡の塔 | 東方不敗在電影江湖 | 少林寺拳道>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。