ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
密告・者
2011-10-29 Sat 23:19
密告者
製作年度:2010
公司:銀都=英皇
原題:線人/STOOL PIGEON
監督:ダンテ・ラム
出演:ニコラス・ツェ、ニック・チョン、リュウ・カイチ、劉江、ローレンス・チェン
一言:昨年の東京フィルメックスにて鑑賞。あれから一年を経て、めでたく日本でも正式劇場公開の運びとなった。同監督、ニコラス主演の前年作『証人』(未見)と並んで、評価の高い一作であり、そしてニコラスは本作の熱演で見事、第30回電影金像奨の最優秀主演男優賞を受賞した。
実際、予備知識なく観たのだけど、正直言うと特別どうとも思われなかった。終始テンションは高くて見応えはあるんだけど、個人的な好みの類ではなかった。アクションに派手さはなく、リアルに痛い描写が主で、見ていてちょっと辛いものがあった。冒頭見た限りでは、もっとカーチェイスの派手な見せ場があるのかと期待させたけど、それも若干あるくらいで、あまり大きな見せ場とはなっていなかった。まぁ役者としては、ニコもニック・チョンも良かったとは思うけどね。ニコは見事にアイドル路線から脱却したなぁ、って印象だったけど、私としては正統アイドル路線の"イケメン"ニコのファンなんだけどね~
評価される映画なのかもしれないけど、個人的にはリアルでなくても映画的にケレン味ある演出でエンターテインメントしてくれる作品が好きなもんで、こういう映画だとイマイチのれないってのが正直なところ。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2010 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアンモンキー | 東方不敗在電影江湖 | 香港アーバン・ラブ・コメディ 夫婦前妻>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。