ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ドラゴン・リローデッド(西王母村で大騒動)
2009-09-01 Tue 02:36
DRAGON RELOADED
製作年度:2005
公司:美亞
原題:龍咁威2之皇母娘娘呢?/DRAGON RELOADED
監督:ヴィンセント・コク
出演:ロナルド・チェン、サム・リー、張達明、夏雨、ケン・ロー、ガイ・ライ、劉以達、ヴィンセント・コク
一言:日本未公開の香港ローカルなコメディ。コレ実はシリーズ2作目で2年前には第一作が製作されている。前作は未見なんで詳細不明だが、続編が作られたってことはまぁそれなりに評判が良かったってことなんだろうねぇ~ で、この2作目も地元香港では年間ベスト10に入る、なかなかの興収を上げている。それだけに意外と面白いのかも、とそれなりに期待して観たのだけど・・・ 残念ながら個人的にはダメだった・・・ ストーリーに語るべきところはなく、場当たり的に繰り返される下品でベタなお笑いがもうほとんど笑えないものだから、ホント残念なことに・・・ 下らないバカを延々と見せ付けるのは、香港映画にあっては別に珍しいことじゃないし、かつてはそれが意外な快作を生み出したりしたものだけど、本作はそれには当てはまらない。そして何よりダメだったのは、主演のロナルド・チェンだ。コイツのキャラをもし好意的に受け入れられたなら、作品としてもそれなりに見れたと思うのだけど、個人的にはどうにもダメだった。実際こんな男のどこがイイのかね・・・ 初期のチャウ・シンチーとやってること自体はそう変わらないようにも思えるのだけど、シンチーと較ぶべくもなく全くもって魅力が感じられなかった。見た目もやってることも・・・ おそらく香港ではコイツの人気もヒットの要因になってるんだと思うのだけど・・・ 監督はシンチーとのコンビでヒット作もあるヴィンセント・コクだけど、本作に限っては、センスの欠片も感じられない。共演のサム・リーや張達明もあまり機能してるようには思えず、女優陣も馴染みのないメンツで魅力的には思えなかった。冒頭近くの"日本温泉"なシーン、怪しい日本語、お下品描写だけは唯一笑えたけどさ~ まぁそこ以外は概ね低調。主題歌が耳馴染みあるあの"Gメン75"のテーマ曲のカバーだったりもするんだけど、特に気に留まることもない。そんなこんなで前作もあまり期待出来るとは思えないのだけど、でもせっかくだから見てはみたいかも。
さらに遡ること25年、同じ原題の『龍咁威』っていう映画がゴールデン・ハーベスト製作、リチャード・ウン主演で存在している。まぁ本作はそれのリメイクってわけではないようだけど、そのリチャード・ウン主演作が以前日本でもCSスタープラスで放映されたことがあった。その際観たことがあるんだけど、コレが案外面白かったような印象がある。詳細はもうほとんど憶えてはいないのだけど、今となってはその時の録画を残しておかなかったことが惜しまれる・・・
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2005 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<金玉満堂 決戦!炎の料理人 | 東方不敗在電影江湖 | 英雄剣>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。