ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ 烈火風雲(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地雄覇)
2009-07-14 Tue 21:24
LAST HERO IN CHINA
製作年度:1993
公司:永盛(正東)
原題:黄飛鴻之鐵雞鬥蜈蚣/LAST HERO IN CHINA
監督:バリー・ウォン
出演者:リー・リンチェイ、チョン・マン、リュウ・チュアフィ、徐忠信、ナット・チャン、アニタ・ユン、レオン・カーヤン、ディッキー・チョン、苑瓊丹、ラム・ディオン、王天林、鍾發、元武
一言:ツイ・ハーク監督による、伝説の武術家"黄飛鴻"を主人公とした通称"ワンチャイ"シリーズの成功によって一躍香港映画界のトップスターの地位に躍り出た"中国の至宝"リー・リンチェイだったが、稼げるスターとなった彼の周辺には金の匂いを嗅ぎつけたきな臭い輩が群がるようになった。現場放棄、契約トラブル等を経て、ツイ・ハークと袂を分かつこととなったリンチェイは、自身の製作プロダクション"正東"を設立し、これまたきな臭い"永盛"と手を組み、ツイ・ハークに当てつけるようなバリー・ウォン監督による"黄飛鴻"の亜流的一作に出演したのが本作。とは言え、監督バリーのもと、主演リンチェイはじめ、武術指導にはユエン・ウーピン、共演にチョン・マン、アニタ・ユンとスタッフ、キャストは充実。本家"ワンチャイ"に全く引けをとらぬ布陣が揃った。で、出来上がった映画は・・・まぁバリー色の強い、おバカな黄飛鴻映画となった。はっきり言って作品の評判はあまり高くはなく、"ワンチャイ"シリーズとは較ぶべくもない。まぁ良くも悪くもバリーのバカ演出がいかんなく発揮されちゃってて、本来"黄飛鴻"映画の持つべきだろう品格はないが、まぁ話は分かり易く笑えるシーンもそれなりにあるし、何より肝心のアクションは見応え十分。リンチェイがジャッキー"飛鴻"のような酔拳を見せてくれる、なんてお楽しみもあってなかなか嬉しい。そして何てったって個人的に大興奮したのが、中盤展開される"リンチェイVSリュウ・チュアフィ"の激闘だ。かつてリンチェイ"少林寺"とチュアフィ"三十六房"を見て熱狂した我々世代にとっては、それは昨年遂に実現した"ジャッキーVSリンチェイ"にも匹敵する頂上対決。"ジャッキーVSリンチェイ"の時のような事前情報もなくいきりない眼の前に展開されたことに加え、劇中善悪に分かれて文字通りのガチンコバトルを見せてくれたこの対決、個人的には"ジャッキーVSリンチェイ"を上回るインパクトだった。それ以外の出演者も悪くなくて、映画の出来云々を抜きにして、この映画個人的には決して嫌いじゃないよ。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1993 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ターゲット・ブルー | 東方不敗在電影江湖 | マジック・タッチ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。