ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
SPL
2005-11-21 Mon 17:50
殺破狼

製作年度:2005
公司:天影娯楽
原題:殺破狼/SPL
監督:ウィルソン・イップ
出演:サイモン・ヤム、サモ・ハン・キンポー、ドニー・イェン、呉京、ダニー・サマー、廖啓智、谷垣健治、洪天明、惠天賜
一言:出てくる男達が皆シブくてカッコイイ!"アクション馬鹿"ドニー、こんなイイ役やれるとは思わなかったゾ。少しエリート臭いドニーが、サイモンを慕う荒くれ刑事達を解って行くシーンが良いんだよ。コレは私の中でのドニーのナンバーワンにランクされるね。そして、サモもイイなぁ。とてもかつて『燃えよデブゴン 正義への招待拳』なんかでバカやってたと同じ人とは思えんよ。サイモン・ヤムが渋カッコイイのは今に始まったことじゃないけど、とにかく主要キャストのキャラクターは一様に印象的で、素晴らしいものがある。ストーリーも重厚で心に響き、それぞれの父と子のドラマは胸を熱くする。そして何と言ってもアクションだ。現代アクションでありながらほとんど銃が出てきた印象がない程、格闘アクションが熱い。サモVSドニー、ドニーVS呉京は、今まで見ることのなかった夢の対決に近いんじゃないか。特に呉京のキレた殺し屋は凄まじいものがある。今までは笑顔に弁髪、気のイイお兄ちゃん、くらいのイメージだったが、それが覆るような怪演。サモも既に50歳半ばを過ぎてるだろうに、今でもあんなに動けるとは思えなかったよ。ありゃ、ジャッキーより凄いかも。
アクションは全体的に古き良き時代を彷彿とさせる感じでありながら、その全てに痛さを伴う。その辺は『拳覇(マッハ!)』の影響なんかがあるのでは、とも感じられた。そんなアクション、男のドラマの合間の海のシーンも何気に印象的。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2005 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<燃えよデブゴン | 東方不敗在電影江湖 | 少林寺三十六房>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。