ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キラーウルフ 白髪魔女伝
2008-07-26 Sat 05:05
哥哥和青霞
製作年度:1993
公司:東方
原題:白髪魔女傳/THE BRIDE WITH WHITE HAIR
監督:ロニー・ユー
出演:レスリー・チェン、ブリジット・リン、エレイン・ルイ、ン・ジャンユー、ナム・キットイン、エディ・コー
一言:90年代初頭の古装片ブームの中、粗製乱造された作品群から生まれた傑作と名高い一作。もはやブームも末期に差し掛かっていた時期にあって興行的にも成功し、さらには同年の"金像奨"でも複数部門ノミネートされ、日本のワダエミが担当した衣装他三部門で最優秀賞を受賞した。『ファイアー・ドラゴン(龍在江湖)』なんかのロニー・ユーが監督し、彼は本作が認められ、後にハリウッド進出を果たすことになる。
何がイイって、香港映画界きっての美男美女、レスリー・チェンとブリジット・リン様のラブ・シーンが艶かしくて良いのだなぁ~ ブリジット様は"江湖に名を轟かす無敵の女殺手"という、少なからず"東方不敗"の影響が見て取れるキャラクターながら、今回は"正真正銘の女"で、レスリーとの宿命の恋が激しく描かれる。ここでのブリジット様はかなりエロくて、こんなの他では『夢中人』くらいだよ。
武術指導を我らが郭追師父が担当してて、アクションもなかなかの見応え。この頃流行のチン・シウトンスタイルのワイヤーアクションが随所に炸裂してる。レスリー&ブリジット様、そしてエレイン・ルイとブレイク前のン・ジャンユーが扮したシャム双生児の悪役等、登場キャラクターも悪くない。ただ、個人的には全体のストーリーがイマイチ好みのものではなかったかな・・・ 正直なところ、作品を通してあまり面白味が感じられなかった。お蔭で世間一般の評判とは異なり、個人的には実はこの映画そんなに好きじゃなかったりする。しかしながら、その題名の由来となった、孤高の女殺手ブリジット様のその頭髪が一瞬にして白髪と化すクライマックスの印象はなかなか鮮烈だ。
本作の好評を受けて、製作元の東方電影ではすぐさま続編の製作に着手し、早くも同年末には公開することになるのだが、そちらではレスリー&ブリジット様はゲスト出演的な扱いで、当時の若手俳優達が伝説の二人の軌跡を辿る、偶像劇的に物語りは展開していく。個人的にはこの続編は、結構好き。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1993 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ドラゴン・キングダム | 東方不敗在電影江湖 | 燃えよジャッキー拳>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。