ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
英雄正伝
2008-07-19 Sat 23:52
英雄女神
製作年度:1986
公司:新藝城
原題:英雄正傳/TRUE COLOURS
監督:カーク・ウォン
出演:ティ・ロン、ブリジット・リン、レイモンド・ウォン
一言:同年夏、『男たちの挽歌(英雄本色)』の大ヒットにより、見事第一線に復活したティ・ロン(狄龍)を主演に、シネマ・シティが"夢よもう一度"とばかりに製作した"香港ノワール"の一本。共演は、これまたシネマ・シティ製作により同年ヒットした『北京オペラ・ブルース(刀馬旦)』に主演したご存知ブリジット・リン様で、キャストは申し分なく、監督はハードな作風で知られるカーク・ウォンがあたっている。ところがねぇ・・・これがあまりパッとしない出来なんだわ・・・ 何でもハリウッド往年の名作『汚れた顔の天使』とかいう映画のパクリらしいんだけど、まぁそんなのは香港映画では珍しいことじゃないし、むしろオリジナルよりも良いモノが出来ちゃったりなんかもしたりするんだけど、コレは上手く行かなかった印象。まぁもはやほとんど憶えちゃいないんだけど、せっかくのティ・ロンとブリジット様の悲恋も暗くて古臭かったイメージしかない。ドンパチ、アクションシーンの印象もないし、映画としての爽快感もまったく得られなかった感じ。こりゃ、『男たちの挽歌』大ヒット後、急遽ティ・ロン主演で安易に企画された一作だったんじゃないかなぁ~ で、やっぱり興行的には惨敗。ティ・ロンは完全復活で、かつてのような大スターへの復権には至らなかった。製作&脚本を担当した、レイモンド・ウォンの妙チクリンで全く似合わないリーゼントヘアでの空回りな熱演が虚しく印象に残る。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1986 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<燃えよジャッキー拳 | 東方不敗在電影江湖 | 客途秋恨>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。