ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
8人のドラゴン
2008-05-05 Mon 05:55
天龍八將

製作年度:1971
公司:嘉禾
原題:天龍八將/THE INVINCIBLE EIGHT
監督:ロー・ウェイ
出演:アンジェラ・マオ、ノラ・ミャオ、パトリック・ツェ、リディア・サン、ジェームズ・ティエン、ポール・チャン、唐菁、李昆、パイ・イン、韓英傑、サモ・ハン・キンポー、ブルース・リャン、林正英、チャン・ウイガイ、ウィルソン・タン、李家鼎、呉明才
一言:後にブルース・リー、ジャッキー・チェン等を擁し、世界にその名を馳せることになる、香港映画の代名詞的映画会社、ゴールデン・ハーベスト(嘉禾)の記念すべき第一回作品。創業作に相応しく当時のスター俳優、そして同社期待の新人を配した出演者はなかなか魅力的だ。ストーリーはまぁオーソドックスでありがちなモノだが、逆に手堅い作りで外してはいない。作風的にはキン・フーの"武侠片"に少し近い雰囲気も思わせる。ただウリとなるのはやはり出演者で、それぞれのキャラクターもそれなりに立っており、やはり特にアンジェラとノラ・ミャオの活躍振りが個人的には嬉しい。アンジェラはアクションこそまだまだ本領発揮には程遠いものの、その演じるキリリとした男装の女剣客はそれなりに印象的。インタビューでは、先輩スター達を前にして緊張した、というようなことを言っていたが、完成した映画を観る限りその演技は物怖じしない堂々たるもの。一方のノラ・ミャオも、そのキレイさ加減と言ったら、これまで見た中でもベストなんじゃないかね~ってくらいに美しい!演じるキャラクターもはつらつと健康的に美しく、剣の腕もたち聡明さが滲み出ていて、ノラ迷にはたまらんね~(笑) それに悪役のパイ・インが、いつもながらにクールでカッコ良くて悪いヤツで、これまた良し。ただいかんせんアクションが・・・ まだブルース・リー登場前夜だけに、完全なチャンバラスタイルなアクションなんだけど、もう全くと言って良いほどキレがなくてタルイのよ。日本の時代劇の完成されたチャンバラと較べちゃうと、ホントもう大人と子供程にイケてない。さらには、敵味方ともイイキャラが揃っているのに、キャラクター造形が浅くて、お話も薄っぺらいんだよね~ もっと膨らませようと思えばいくらでもドラマチックに描けそうなものだけど、そこはまぁ監督があの"巨匠"だかんね・・・ まぁ全般的にはコレはコレで、巨匠のお仕事としてはそうは悪くもないのだけど。個人的には同傾向のショウブラ武侠片よりもこちらの方が好きだよ。変に大仰なこともないし、コンパクトにまとまってて冗長さも感じられず見易いからさ。実際本作はその公開年、並み居るショウブラ大作群を蹴散らし、見事年間第9位の興行成績を記録し、その後のゴールデン・ハーベスト躍進の第一歩を刻んでいる。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1971 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<レディ・クンフー 密宗聖拳(ザ・ヒマラヤン) | 東方不敗在電影江湖 | セブンス・カース(七番目の呪い)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。