ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キラー・ドラゴン 流星拳(ファイナル・ドラゴン)
2008-04-05 Sat 22:06
天皇巨星と東方女神

製作年度:1977
公司:羅維
原題:風・雨・雙流星/THE KILLER METEORS
監督:ロー・ウェイ
出演:ジミー・ウォング、ジャッキー・チェン、玉霊龍、フィリップ・コー、陳慧樓、李文泰
一言:ジャッキーがロー・ウェイ(羅維)プロにより香港に呼び戻され、本格的に主演デビューを果たした『新精武門』『少林寺木人拳(少林木人巷)』に続いて出演した一作。前二作が興行的に失敗したためか、ここではかつての大スター、"天皇巨星"ジミー先生に対峙する悪役を演じさせられている。そしてジャッキー、どうやらお顔の方に処置を施した直後らしく、違和感バリバリな面相をしておられる。しかしながらそれが功を奏し(?)、それ以前の作品での印象とは異なり、目元クッキリな美剣士然とした立ち居振る舞いを颯爽と演じて見せる。ところがどっこい残念なことに、本作でのジャッキーはあまり印象的な活躍を見せてはいない。一方でジミーさん演じる主人公もさっぱり魅力的ではないわけだけど・・・ 武侠小説の大家"古龍"が脚本らしくて、意外と面白そうなキャラクターは揃ってるんだけど、そこは監督があの"巨匠"だかんね・・・ そんな作品ばかりのためもあってか、当時古龍先生はジャッキーのことをあまりお気に召さなかったらしい。
結構思わせぶりでサスペンスフルなストーリーなのに要領を得ない展開に終始し、ジャッキーの役柄も悪役ながらなかなかミステリアスな設定で魅力的にも描けそうなのに、もちろんそんな設定は活かされちゃいない・・・ 『成龍拳(劍・花・煙雨江南)』にも出ていたヒロインの韓国女優が意外とキレイで少し魅力的なんだけど、それもただのお飾り・・・ ジャッキー、そしてジミー先生をもってしても、巨匠作品の質を向上させることは出来ず・・・ 実際、ストーリーもアクションも凡庸で一向に盛り上がらず、全くもって印象的でない映画となっちゃってる。もうホント、さすがは"巨匠"のお仕事!としか言いようがない。もちろん興行的な成功も望むべくもなく・・・ ジャッキーは"巨匠"の元で、出口の見えない深いスランプへと迷い込み、益々行き詰まりを感じるようになるのだった・・・
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1977 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<光陰的故事 | 東方不敗在電影江湖 | セクシー・コマンド部隊>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。