ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ドラゴン・スクワッド
2008-02-20 Wed 22:20
猛龍

製作年度:2005
公司:美亞
原題:猛龍/DRAGON SQUAD
監督:ダニエル・リー
出演者:ヴァネス・ウー、ショーン・ユー、夏雨、エヴァ・ホァン、マギーQ、ローレンス・チョウ、マイケル・ビーン、ホ・ジュノ、リー・ビンビン、ケン・トン、アンディ・オン、イザベラ・リョン、廖啓智、サミー・ハン、ベイ・ローガン、サイモン・ヤム、リュウ・チュアフィ、サモ・ハン・キンポー
一言:その出演者の豪華さから結構楽しみにしていた一作。ただ作品自体に関してはあまり芳しい評判は聞かれず、またこれまでダニエル・リーの映画って、全然良いと思ったことがなかったこともあって、まぁ大した映画ではないんだろうなぁ、とは思って観た。しかしながら、コレが意外と悪くはなく、それなりに観ることは出来た。アクションシーンはハードで、銃撃シーンはなかなか見応えがあった。そして何と言っても、やはりその国際色豊かな豪華出演者。正直言うと、最近の向こうの若手俳優はあまり良く知らないので、はっきり分からなかった輩もいたのだけれど、それでも見知った顔が入れ替わり登場する画面は賑やかでそれだけでも悪い気はしなかった。ただ、敵も味方もそれぞれにドラマがあって、それぞれキャラクターもあるのに、それがあまり上手く描ききれてない印象。上辺をなぞっただけの取って付けたようなエピソードばかりで、大して効果を上げてるようには思えなかった。お蔭であまり映画に入っていけない感じ。出演者では、"F4"で人気らしいヴァネス・ウーは初めてちゃんと認識して見たけど、全然イケてないじゃん!はっきり言って全く魅力的には見えなかったよ。香港側の中心人物ショーン・ユーはまぁ悪くもなかったけど、こちらも特に印象的ではない。シンチーの『カンフーハッスル(功夫)』のヒロインでデビューしたエヴァ・ホァン(黄聖依)があの時とは全く印象の異なる役をなかなかハードに演じていて、個人的には彼女はまぁ悪くはなかったが、アンディ・オンとのドラマ部分が中途半端で勿体無く思われた。"ターミネーター"&"エイリアン2"のマイケル・ビーンとはまさかこんなところで再会するとは・・・ それに韓国映画『シルミド』でも渋いイイ役やってたホ・ジュノまで出てるとは。今回もなかなかイイキャラしてたけど、サモは彼にとってもスターなんだそうな~ そのサモもこういう役がすっかり板に付いた感じで、締めるとこ締めて悪くなかった。そしてやっぱマギーQ様だなぁ~ ああいう冷酷無比でキレイな悪い役は堪らんよ~(アホ)
まぁそんなこんなで取り立てて面白くもないし、大して良く出来た映画でもないんだけれど、それなりに楽しめはした、って感じかな。で、なぜかコレ、あのスティーブン・セガールが製作者に名を連ねてるんだよね~ 一体どういうこととなのかしら~?自身の主演作にも香港の監督起用したりしてるし、某ヴァン・ダムと同様、何かしら香港映画に対する思い入れのようなものでもあるのかね~???
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2005 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Mr.BOO!花嫁の父 | 東方不敗在電影江湖 | ザ・SFX時代劇 妖刀斬首剣>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。