ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Mr.BOO!花嫁の父
2008-03-03 Mon 20:13
ブー父娘

製作年度:2004
公司:中国星(一百年)
原題:煎醸参寶/THREE OF A KIND
監督:ジョー・マー
出演:マイケル・ホイ、ラウ・チンワン、ミリアム・ヨン、エレイン・ジン、許紹雄、ティファニー・リー、クリスタル・ティン、羅莽
一言:70年代初頭から90年代に至るまで、長らく香港映画界に不動の"喜劇王"として君臨し、出演映画を軒並みヒットさせてきたマイケル・ホイ(許冠文)。彼の映画はローカル色が強いものであったにも関わらず、その全盛期には日本進出も果たし、ブルース・リーに続く香港映画界のスターとして、一定の成功を見た。そんなマイケルも90年代半ば以降は政界への進出を目指したためもあってか、映画出演をセーブするようになった。この時期出演した映画も存在はするが、作品の評価も興行成績も芳しいものではなかった。そして2000年以降出演作が途絶えていたマイケルが、久し振りに主演したのが本作だったのだが、その伏線としてこの年旧正月に大ヒットとなった『新世紀Mr.BOO!ホイさまカミさまホトケさま(鬼馬狂想曲)』の存在があったことは間違いない。全編マイケルとその時代へのオマージュ溢れた"鬼馬~"の大ヒットは、この時期にあって香港の人々が国民的スター"許冠文"の銀幕復活を待望していたことの証に他ならない。
ただ本作でのマイケルはかつてのように、製作、監督、脚本等、作品全体に渡って関わっていることはなく、請われて出演しただけといった印象。そのため往年のマイケル出演作のような魅力は、残念ながら感じられない。前述の"鬼馬~"で芸達者なところを見せたラウ・チンと本家マイケルの本格的な競演は期待されるところであったが、それもあまり機能しているとは思えず、せっかくの絡みも文字通り空廻りしている感じ。ヒロインたるミリアム・ヨンもねぇ、さっぱり魅力的には思われなかった。肝心のこの三人のキャラクターが立っておらず、全体的にテンション上がらず、総じて魅力に乏しい作品となってしまった・・・ それでも香港では久々のマイケル主演作として、そこそこのヒットは記録したみたいだけど・・・ この後マイケルは、ジャッキーとの久し振りの共演となる『プロジェクトBB(寶貝計劃)』にも出演しているが、こちらでも期待したような活躍は見られず。かつてを知るファンの一人として、マイケルが映画に出演してくれること自体は嬉しいが、もはやかつての笑いを期待することが難しいのは、何とも寂しい限りである。それはジャッキーにも同じことが言えるのだが・・・
日本でのDVD化にあたっては、"広川ブー"の収録を期待したのだが・・・ 全くヤル気の感じられないDVDのスペックでそれも叶わず・・・ そして今となっては、それは永遠に叶わぬものとなってしまった・・・(合掌)
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2004 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<アマゾネス・コマンドー | 東方不敗在電影江湖 | ドラゴン・スクワッド>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。