ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Exiled 放・逐
2007-11-21 Wed 23:16
放・逐

製作年度:2006
公司:寰亞(銀河)
原題:放・逐/EXILED
監督:ジョニー・トゥ
出演:ン・ジャンユー、アンソニー・ウォン、ロイ・チョン、林雪、ニック・チョン、ジョシー・ホー、サイモン・ヤム、リッチー・レン、林家棟、許紹雄
一言:東京フィルメックスお馴染みのジョニー・トゥ作品。上映前に紹介されたジョニー・トゥのメッセージによると、入魂作『エレクション』シリーズを撮り終え、疲弊していた中、肩の力を抜いて気分転換に、気心の合う仲間を呼んで撮った、みたいなことを言ってた。でもコレはコレでなかなかの力作だったよ。
黄金期の監督達が次々にフェードアウトしていく中、今世紀に入ってからの香港映画界をほぼ一人で支えている感さえするジョニー・トゥであるが、個人的には、実はそんなに好きではなかったりする。まぁ確かにハズレの少ない良質な映画を作り続けているとは思うけど、私としてはエンターティメントに偏った、良くも悪くもな香港映画、ってなのが好きなもんだから、そんなのとは相容れない、作家性が感じられるジョニー・トゥの映画ってのはイマイチ好みではなかったりする。今回もそんな感じだったかな・・・ スタイリッシュな銃撃戦や登場キャラクター、役者は皆イイんだけどね。純粋、単純な面白さってのがあまり感じられんのよ。コレはコレで良いって向きも、そりゃ理解出来るけれどもさ。で、今回チョット気になったのは、屋内での銃撃戦。それがかつての、あのキン・フーが得意とした客棧内での剣戟シーンを想起させ、緊迫感ある名シーンを生み出していた。その辺ジョニー・トゥは意識あったのかな?ただ最近のジョニー・トゥ映画ってのは、作風や役者が似通っていて何かマンネリ的な感じもしちゃってるよ。ジョニー・トゥ作品では、もっと商業監督的に撮ったシネマ・シティでの『僕たちは天使じゃない(八星報喜)』『過ぎ行く時の中で(阿郎的故事)』あるいは『東方三侠』なんかが個人的には好きだなぁ~
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ドラマー | 東方不敗在電影江湖 | キョンシー・グーニーズ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。