ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
滑稽時代 モダン・タイム・キッド
2007-09-20 Thu 01:39
新藝城

製作年度:1980
公司:新藝城
原題:滑稽時代/LAUGHING TIME
監督:ジョン・ウー
出演:ディーン・セキ、カール・マック、午馬、李海生、趙志凌、黄一飛、レイモンド・ウォン
一言:80年代の香港映画界を席捲することになるシネマ・シティ(新藝城)の旗揚げ作。主演は同社の創立メンバーでもあるご存知ディーン・セキ(石天)、そしてカール・マック。そして監督はあのジョン・ウーが努めている。ただし当時ゴールデン・ハーベスト(嘉禾)との契約中だったジョン・ウーは、別名義でクレジットされている。公開された映画は、ジャッキーの『ヤング・マスター(師弟出馬)』、サモの『鬼打鬼』に続く年間第3位の興行収入を上げ、シネマ・シティは幸先の良いスタートを切ることになった。この映画、後に日本でも映画祭公開され、ソフト化もされた。でも今見ると、あまり面白くないんだよね、はっきり言って。チャップリンを意識した石天のキャラクターも個人的にはあまり伝わらず"何かなぁ~"って感じだし、孤児との交流も別に印象的ではなかった。ストーリーも憶えちゃいないし、取り立てて笑えるシーンがあった印象もない。コレは当時何が良くてヒットしたんだろう。イマイチ理解出来ないなぁ。個人的にはチャップリンの映画は全く知らないし、もしかするとオリジナルを踏まえて見ると良く出来た映画なのかもしれないけどね。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1980 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ドラ息子カンフー(熱血カンフー 師弟拳) | 東方不敗在電影江湖 | ファイティング・ラブ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。