ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
スウォーズ・マン 女神復活の章
2007-08-15 Wed 23:45
風雲再起
製作年度:1993
公司:金公主(電影工作室=龍祥)
原題:東方不敗 風雲再起/THE EAST IS RED
監督:チン・シウトン=レイモンド・リー
出演:ブリジット・リン、ジョイ・ウォン、ジーン・ウォン、ユー・ロングァン、エディ・コー、劉洵、苑瓊丹
一言:香港映画界に古装片ブームを巻き起こした"笑傲江湖"シリーズの第三弾。ただしシリーズの続編というよりは、前作『スウォーズ・マン 女神伝説の章(笑傲江湖之東方不敗)』で好評を博した"東方不敗"のキャラクターをメインに据えた、番外編的な一作といったところ。既に死亡したはずの"東方不敗=ブリジット様"だが、当然何事もなかったかのように復活だ!前作も"大概にしとけよ!"ってな常軌を逸した内容だったけど、本作はさらにその上を行く。こんなの一体誰の頭が考えたんだ~ ツイ・ハークかぁ?ある意味凄いよ。まぁ本作に関して言えば、展開が凄すぎて、全般的にとっちらかっちゃった印象は拭えず、はっきり言ってもう何が何だか良く分からない。復活した"東方不敗"は、ヘンな鎧兜を身にまとい、スペインの無敵艦隊相手にショボイ潜水艦を率い、相変わらずの必殺技を駆使しつつ、正に陸海空と縦横無尽の大立ち回りを見せる。ただしそれがどこに向かってるのか、イマイチ意味不明だ。また、新たなキャラクターとしてジョイ・ウォン演じる"東方不敗の愛人"なんてのが出てくるんだけど、コレが全然ダメ。根っからの香港映画好きを自認し、香港映画に出てくる役者はほとんど誰でも好きなこの私が、例外的に唯一ダメなのがこのジョイ・ウォンなのですよ。どんな映画を見ても、ジョイ・ウォンの魅力だけは結局理解出来なかったなぁ・・・ 日本では何故かジョイ・ウォンが人気を博したことがあり、ジョイが出てるってだけの"クソ映画"が次から次へとビデオ化されていた時代があった。それに反して、現地でヒットした映画や評判の良かった映画、何よりファンが本当に見たい"旬"の香港映画は全く日本に入っては来なかった。別にジョイが悪いってわけじゃないんだけど、なんかそんなことも絡んで、より一層"ジョイ憎し"の想いが強まったのであった。本作ではそのジョイと、"東方不敗"ブリジット様が艶かしく絡んじゃったり~、ってシーンなんかもあるんだけど、個人的にはそれもあまり魅力的には映らなかった。さらにジョイの愛人役で出演してるジーン・ウォンなんかはかなり好きな女優なんだけど、彼女も本作ではあまり印象ないなぁ・・・ 全体的に大味過ぎて面白さがあまり感じられない上、キャラクターにも魅力を感じられず・・・ ブリジット様大好き人間のこの私が、この映画に関しては劇場公開時に一度観たっきりだったりする。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1993 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<つきせぬ想い | 東方不敗在電影江湖 | 新ポリス・ストーリー>>
この記事のコメント
ジョイ・ウォン、好いよねー。
B・リンも中々好いけど、どっちも台湾女優。
結果的に台湾女優好き。
香港女優と違って、南方的にちょっと濃い感じ。

「東方不敗2,3」、いよいよイマジネーティブで
ツイ・ハークの面目躍如。
ジェット・リーでもう一本ぐらい撮って欲しかった
なー、やっぱり。
2007-09-16 Sun 13:53 | URL | TTT #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。
香港で台湾出身の女優って昔から人気あるみたいですね。本作での二人以外にも、シルビア・チェンやサリー・イップ、それにジャッキーと結婚したジョアン・リンなんかも台湾の人ですね。

ツイ・ハークとジェットのタッグ、確かに再び見たかったです。『ドラゴン・イン』も当初ジェット主演で考えられてたみたいなので、実現して欲しかった気もします。
2007-09-18 Tue 22:54 | URL | マッキー #-[ 内容変更]
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
2007-11-29 Thu 20:58 | URL | みんな の プロフィール
#-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。