ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
酔拳2
2007-08-24 Fri 22:37
酔拳2

製作年度:1994
公司:嘉禾(香港武師公曾)
原題:酔拳Ⅱ/DRUNKEN MASTER II
監督:ラウ・カーリョン
出演:ジャッキー・チェン、ティ・ロン、アニタ・ムイ、フェリックス・ウォン、チン・カーロウ、ロー・ワイコン、マース、タイポー、スーキー・クァン、イボンヌ・ヨン、タン・ピョウ、ラウ・カーリョン、アンディ・ラウ
一言:ジャッキーの出世作となった1978年の『酔拳』から、実に16年ぶりに製作された続編。といっても、内容的にあまり繋がりはない。ただ、純粋な功夫映画自体、ジャッキーにとっては1980年の『ヤング・マスター』以来、14年ぶりとなる。この頃、常にチャウ・シンチーやチョウ・ユンファといったライバル達の後塵を拝していた感のあった地元香港でも評判は上々で、同時期公開となった彼らの主演作を上回る大ヒットを記録。そして何より、幼き日テレビで盛んに放映されていた文字通りの功夫映画を見て、ジャッキーを、そして香港映画を好きになった自分としては、劇場で初めて観ることになるジャッキー功夫を非常に楽しみにしていたのだが・・・ 正直ガッカリだったよ。だって、ストーリーはつまらんし、登場人物描写は薄っぺらくて魅力的でないし、肝心の功夫アクションだって、かつて見てきた功夫映画と比べて全然良いとは思えなかったんですもの。心躍らせて劇場に足を運んだ、この私の純な気持ちを一体どうしてくれるんだよぉ~(アホ) しかしながらキャストは充実しており、中でもアニタ・ムイ演じるジャッキーの母親は絶品。そして功夫シーンには少なからず見応えがないことはなく、特に監督にもクレジットされた"ロリ師父"とのバトルは必見。実際ジャッキーファンの間で本作の評価は決して低くはない。でも、個人的には認めないぞ、こんな映画!
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1994 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<幸せはイブの夜に | 東方不敗在電影江湖 | つきせぬ想い>>
この記事のコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007-12-15 Sat 22:29 | | #[ 内容変更]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007-12-15 Sat 22:30 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。