ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
プロジェクトBB
2007-03-16 Fri 23:47
BB

製作年度:2006
公司:英皇
原題:寶貝計劃/ROB-B-HOOD
監督:ベニー・チャン
出演:ジャッキー・チェン、ルイス・クー、マイケル・ホイ、ユン・ピョウ、シャーリン・チョイ、高圓圓、谷峰、余安安、テレンス・イン、アンドリュー・レン、リサ・S、ケン・ロー、許紹雄、ニコラス・ツェー、ダニエル・ウー
一言:言わずと知れた我らがジャッキー現在のところの最新作。アジア全域で大々的に公開されてから半年以上を経て、今や完全にジャッキー後進国となり果てた日本でもようやく公開の運びとなった。前作『神話』が興行的に予想以上にダメダメだったらしく、"BB"の日本公開は早くから危ぶまれており、こうして公開に至ったことは素直に喜ばしいことではある。
で、肝心の映画の方だが・・・ 今回共演者としてマイケル・ホイ、そしてユン・ピョウが出演している。本当はこんなところで喜んでちゃダメなのかもしれないけれど、往年の香港映画ファンとしてはやっぱ嬉しいですよ。しかしながら、『神話』でやっちゃってくれてたし、何か今回のもあまりピンと来ないイメージがあったので、それ程期待はしていなかったのだけど・・・ んー、やっぱイマイチだったですよ・・・ 別にツマラナイというわけではないし、取り立てて非難するところもないのかもしれないけれど、とにかく全てにおいて印象がパッとしない。特別悪いところもない代わりに、良いところもないのだよ。全てが可もなく不可もなく、って感じで・・・ ジャッキー含め、どいつもこいつもキャラクターはあまり魅力的に思えないし、アクション・シーンもそれなりではあるけれど印象は薄く、コメディ・シーンも別に笑えやしない。"寶貝(BB)"マシューはまぁ確かにかわいいかもしれんけど、そんな言うほどイイかい?あれじゃ小道具みたいな扱いじゃない・・・ またストーリー展開が説教じみたあざとい話の持っていき方で感心出来ないよ。全体を通したテンポも良くないしね。久々となるユン・ピョウとの絡みは思いの外多くて個人的には嬉しかったけど、今どきのお客さんはそんなことで喜んじゃくれないだろうし、一方でこちらも勝手に期待のマイケル・ホイが個人的には期待外れで、ジャッキーとの絡みなら『キャノン・ボール』の方が余程印象的に思われた始末・・・ それに説教臭いエピソードなんて、全く不要。最近のジャッキーはえてしてあんなことやるから、純粋な娯楽映画としてひずみが出て来るんだよ。面白い映画を作ることを考える前に、そんなことばかりに腐心するようでは、もはやジャッキーは真の意味で突き抜けた娯楽映画を生み出せはしないよ。原点に立ち返って、純粋に観客を楽しませることを第一に考えたような娯楽作を撮って欲しいなぁ。もちろん敢て"不道徳"な映画を撮って欲しいとは思わないけど、あまりに"道徳的"なモノを求めるばかりに、それに縛られ、純粋に面白い映画を産み出せなくなっているような現状は歯がゆくて仕方ない。そんなヘンなこだわりを捨て去った時、50歳を超えた今だからこそ撮れる傑作をものに出来る気がするのだけど・・・
まぁこれがジャッキー映画でなけりゃ、ソコソコ楽しめた、ってことで全く"無問題"なんだけど、ことジャッキー映画となると話は別。前作といい、本作といい、ジャッキー自身はどう思ってんだろう???是非正直なところを聞いてみたいもんだよ。
何だかんだ言っても、それがジャッキー映画だからこそ、愛して止まないジャッキーが撮る映画だからこそ、毎回期待してしまうのだよ・・・ ジャッキーお願いだ、もう一度私をギャフンと言わせるような映画をプレゼントしてくれ!そして世間を見返してやってくれ!!
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ドラゴン・イン | 東方不敗在電影江湖 | スウォーズ・マン 女神伝説の章>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。