ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
墨攻
2007-02-03 Sat 23:25
墨攻

製作年度:2006
公司:非常嘹亮
原題:墨攻/BATTLE OF WITS
監督:ジェイコブ・チャン
出演:アンディ・ラウ、ファン・ビンビン、ニッキー・ウー、チン・シウホウ、アン・ソンギ、午馬
一言:アンディ・ラウが主演し、アジア各国が製作に参加した時代劇大作。近年話題となり、興行的にも批評的にも成功した『グリーン・デスティニー(臥虎藏龍)』や『HERO(英雄)』のような時代活劇を期待してしまってたんだけど、実際にはアクション・シーンはあまり重要視されておらず、はっきり言ってアクションには見所ナシ。(一応武術指導はトン・ワイなんだけど・・・) まぁそもそもそういうのがウリの映画ではないみたいなんで、それはそれでイイんだけどさ。にしても退屈だった・・・ 大軍が砦を攻め、一方では少数がそれを守って、また攻めては守ってする間に、登場人物達の心の機微を盛り込んで、っていうタルイ展開は、韓国映画『武士』を思い起こさせた。コレ、実は少なからず期待してたんだけどね~ 戦闘シーンなんかでなく、圧倒的大軍を前に、策略をもってそれに伍する戦いを展開する"墨者"アンディ君の知略がどんな風に描かれてるのかをさ。その上監督が、ハズレ知らずのジェイコブ・チャン、ってとこも期待を倍加させたのだけど・・・ 残念ながら全く盛り上がらず、アンディ君演ずるところの"墨者"の優れた部分もまるで伝わって来なかったよ。結局何が言いたかったのかねぇ~ 面白味なく共感も出来ない物語に、期待をはぐらかされた感甚だしい。お蔭で途中から眠くてマイったよ。アンディ君以外もキャラクターに魅力は感じられず、香港映画ファンとしては、チン・シウホウやニッキー・ウー、午馬なんかの顔が見れたのは少し嬉しかったけど、それだけじゃね・・・ アンディ君には駄作がいくらでもあるんでまぁイイけど、ジェイコブ・チャンが外してくれちゃったのは、正直残念・・・
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ツイン・ドラゴン | 東方不敗在電影江湖 | 恋のトラブルメーカー>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。