ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
香港魔界大戦
2006-12-30 Sat 23:55
西蔵小子

製作年度:1992
公司:元彪
原題:西蔵小子/A KID FROM TIBET
監督:ユン・ピョウ
出演:ユン・ピョウ、ミシェル・リー、ニナ・リー、元華、ロイ・チャオ、午馬、ビリー・ロウ、ジャッキー・チェン
一言:現在までで唯一のユン・ピョウ監督・主演作品。香港でも大してヒットせず、話題となることもなかったようだが、個人的にはコレ結構好きだったりする。はっきり言ってあまり面白くもないお話が、ゆるいテンポで展開されてなかなかタルいんだけど、それがそんなに気になりはしない。むしろ全然悪くないじゃん、くらいに思われてしまうよ。実際そこで展開されるお笑いは、上品とは決して言えない低レベルなユルイもので、その辺も監督ユン・ピョウのセンスなんだろうか・・・ オマケに肝心要のアクションが、あまり印象的ではないんだよね。映画自体純粋なアクション映画ではなく、『孔雀王(孔雀王子)』的なヘンにSF入ってるような映画で、ユン・ピョウも『孔雀王』の"コンチェ"が入ってる感じな役柄。そこにチョット浮世離れした少しヌけてるキャラが入ってて、何だかユン・ピョウには似合ってる。ちょっとバカ入ってるユン・ピョウのキャラって、何気に大好きだね。他の出演者にも個人的に好きなとこが揃ってて、その辺でも非常に好感が持てる。特に敵方の悪い女を演じたニナ・リーが素晴らしく良い!一部で"巨乳好き"と噂される監督ユン・ピョウの趣味が遺憾なく発揮された(?)彼女のキャスティング、そして"ボンテージ"チックな衣装、そしてムチを使ったアクション。きっとユン・ピョウ、サモやジャッキーの下で、ズッとこういうのやりたいという欲求溜め込んでたんだろうねぇ~(違) まぁ実際ニナに限って言えば、観たことある中じゃコレが一番かも。本来のヒロインたるミシェル・リーもそれなりに身体張って一生懸命バカやってくれてるけど、あまり印象的ではなかった。一方で名優ロイ・チャオがリチャード・ウン並の素っ裸シーンを見せその肉体美を披露しちゃってるよ。ロイロイ、他の映画でこんなん見せたことないゾの大サービス。あとは毎度お馴染みユン・ワーが、毎度お馴染みなエキセントリックな敵ボス演ってて、まぁ可もなく不可もなくってとこ。ちなみにジャッキーも、良く見なきゃ気付かないような地味すぎる友情出演してます。はっきり言って全く意味のない出演なんだけど、弟分ユン・ピョウの初監督作ために何かやりたかったんだろうね~
まぁやっぱり大した映画とは思えないんだけど、ユン・ピョウ初監督としては十二分に楽しめる悪くない映画だと思うよ。この後暫くすると香港映画バブルははじけて一転して映画界は不況に陥り、ユン・ピョウはコレ以後監督する機会を得られていないが、第二作、第三作もチョット見たかったかも。もっとも、本作以上のモノが出てきたかは、微妙だね・・・
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1992 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ハッピー・ブラザー | 東方不敗在電影江湖 | ゴッド・ギャンブラー3>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。