ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
吼えろ!ドラゴン 起て!ジャガー
2006-12-21 Thu 23:34
龍虎鬥

製作年度:1970
公司:邵氏
原題:龍虎鬥/THE CHINESE BOXER
監督:ジミー・ウォング
出演:ジミー・ウォング、ロー・リェ、汪萍、陳星、チェン・カンタイ、徐蝦、王鍾、王青、王光裕
一言:ブルース・リー登場前夜、香港映画界のトレンドが武侠片から功夫片へと移行する契機となった一作。そして"天皇巨星"と称されたジミーさんが、初めて監督に乗り出した作品でもあった。香港映画界でジミーさんが切り開いたこの道は、後にブルース・リー、マイケル・ホイ、サモ、ジャッキー、チャウ・シンチーと並み居るスターが続いた。そんな香港映画史にその名を残す一作であり、公開された1970年にはその年の興行収入トップとなる大ヒットを記録している。そして香港から遠く離れたLAチャイナタウンの場末の劇場でこの映画を観たブルース・リーは、"自分ならもっとズッと上手くやれる"と香港帰国を決意したと伝えられる。
映画の方は、今見てしまうと全く大したこたぁない。チョットいっちゃってる道場破りとジミーさん道場のケチな争いが、いつの間にやらやったやられたと意味のない復讐合戦に発展。そんなお話に面白味なんてないし、ジミーさんは後年のように"ヘン"なキャラクターなんかでなく、ごくごく普通の主人公演じちゃってるもんだから登場人物だって別に印象的ではないよ。ジミーさんの修行シーンは独自のアイディア入ってて少し目を引くけど全体的なアクションには別に感じるところはない。まぁ映画としては『ドラゴン危機一発(唐山大兄)』と大差ないようにも思うけど、実際にはそこに"あの人"がいるかいないかで決定的に違ってる。リー先生はおっしゃった通りに、当時の香港映画の枠の中で"ズッと上手くやった"わけだね。
個人的には途中で観るのを止めたくなるようなことはなかったけど、コレ普通に見てしまうと結構ツライんではないかな・・・ 決してけなすつもりはないけれど・・・
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1970 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<キングボクサー 大逆転 | 東方不敗在電影江湖 | ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明>>
この記事のコメント
何でもあり
深夜敵が寝静まった頃に忍び込み油を巻いて放火するジミーさんに感動しました(笑
2007-02-02 Fri 10:57 | URL | メリン #-[ 内容変更]
ジミー天皇
ジミー先生は既にこの頃からそんな素敵なことやってらしたんですね~ それを発見出来たのも、この時代敢えてこれをリリースしてくれたおかげですよね。
2007-02-05 Mon 20:29 | URL | マッキー #-[ 内容変更]
実際に中国武術に存在する修行方法なんですよね。
ちなみに空飛ぶギロチンも実在する武器なんすよ~
2008-01-15 Tue 11:50 | URL | (。・_・。)ノ #vXeIqmFk[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。