ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゴッド・ギャンブラー3
2006-12-28 Thu 18:49
GOG3

製作年度:1991
公司:永盛
原題:賭侠Ⅱ上海灘賭聖/GOD OF GAMBLERSⅢ:BACK TO SHANGHAI
監督:バリー・ウォン
出演者:チャウ・シンチー、コン・リー、レイ・ロイ、呉孟達、サンドラ・ウン、ウォン・ワンシー、田豊、チャールズ・ヒョン、龍方、程東、ビリー・チョウ、陳龍、楊菁菁、劉洵、ラム・ディオン、バリー・ウォン、チョン・マン
一言:チョウ・ユンファ主演で大ヒットした『賭神(ゴッド・ギャンブラー)』のパロディ映画が『賭聖(オール・フォー・ザ・ウィナー)』。オリジナル『賭神』の正統な続編でありながら、なぜかパクリ映画のキャラ"賭聖"が出ている『賭侠(ゴッド・ギャンブラーⅡ)』。そして『賭聖』の方の続編なんだけど、"賭聖"はあまり活躍しないのが『賭覇(ゴッド・ギャンブラー リターンズ)』。そしてココに登場するのは、オリジナル『賭神』の流れを汲む『賭侠』の続編でありながら、なぜかもともとはばったもんキャラであったはずの"賭聖"が大活躍する『賭侠Ⅱ上海灘賭聖(ゴッド・ギャンブラー3)』だ。文字通りバッタモンだった"賭聖=チャウ・シンチー"は、遂にこの本家シリーズを自分のモノとしてしまい、一方で"デブ(王晶)"は"賭聖"というキャラクターを頂いてしまった。まぁどっちもどっちって言うか、さすがは香港映画界というか・・・ まぁとにかくこの"ゴッド・ギャンブラーSAGA"は複雑怪奇なのですよ。さらに制作会社も、ウィンズ(永盛)とシーゾナル(思遠)=ゴールデン・ハーベスト(嘉禾)という、本来興行争いを展開するライバル関係である両陣営にばらけているしね。で、この『ゴッド・ギャンブラー3』であるが、コレがとっても楽しめてしまうのだ。もはや当初のシリーズからはかけ離れ、ギャンブル映画の体もほとんどなしていないが、バリーとシンチーのハチャメチャな暴走は何でもありの世界がヒートアップしまくって、訳も分からず引きずり込まれてしまう。個人的にはこのシリーズ、いくら香港でヒットしてようが、『賭神』と『賭侠』は全然面白いとは思えなかった。しかし3作目にあたる本作だけは結構お気に入りだ。やはりそれはチャウ・シンチーに尽きるのかもね。特に印象的なのは、劇中展開される"肉まん大好き、肉まんルンバ"(?)。あのミュージカル・シーンは最高潮時のインド映画にも匹敵するかも。まぁホント訳分からず、ツッコミ所満載の映画ではあるのだが、深いことなんて考えずに、もうそこに繰り広げられる作品世界に身を委ねればそれでイイ、という気にさせられる。
そして本作のウリがもう一つ。中国映画界の名花、コン・リーの出演、そして"バカ演技"だ。既に大女優の実績と風格を漂わせるコン・リーに、いろいろバカやらせるとは、さすがは香港映画。中国映画でのイメージ通りのことをやって頂こう、なんて気はさらさらなくて、もう完全に香港映画の色に染めてしまってたね。この時期、香港でも大人気だったコン・リーだけど、あまり多くの香港映画には出演しなかった。そんな中にあって、コレともう一本『詩人の大冒険(唐伯虎點秋香)』という二本のチャウ・シンチー映画に出演しているのは、シンチーとの相性が良かったということなのか。個人的には、コン・リーは特別好きということはないけれど、香港映画に出ている彼女は悪くないと思うよ。まぁとにかくコレはお勧めの一本だ。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1991 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<香港魔界大戦 | 東方不敗在電影江湖 | キングボクサー 大逆転>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。