ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
トリック大作戦
2006-10-20 Fri 23:32
TRICK

製作年度:1991
公司:永盛
原題:整蠱專家/TRICKY BRAINS
監督:バリー・ウォン
出演者:チャウ・シンチー、アンディ・ラウ、ロザムンド・クァン、チンミー・ヤウ、呉孟達、レイ・チーホン、シン・フイオン、程東、鮑漢琳、チャーリー・チョー、ラム・ディオン、バリー・ウォン
一言:1991年、旧正月映画の一本。前年暮れ公開の『ゴッド・ギャンブラー2(賭侠)』に続く、チャウ・シンチーとアンディ・ラウの共演作。それにしてもしかし、ジャッキー、ユンファ、シンチーの新作が揃う旧正月興行って、今となっては夢のようだよ。
この映画、チャウ・シンチーファン、香港映画ファンの中での人気は高く、早くから日本公開が待ち望まれていた一作だ。製作から10年以上を経て、近年ようやく日本でもDVDがリリースされたけど、長かったなぁ~ もし旬のうちに、ファンタあたりで上映してくれていたならば、それこそ大変な盛り上がりだったろうに・・・ ホント残念でならないよ。それでもようやく日本でも普通に見れるようになったことは喜ばしいことではあるけどね。実際コレは今見ても十二分に楽しめる。監督バリーの良いところが出た非常にノリの良い作品で、もうとにかく理屈抜きで楽しめる究極的なコメディ。実際にあるかどうかは分からないけど(ってあったら怖いけど・・・)、依頼を受けてターゲットを陥れることを生業とする"整蠱專家"のシンチーは正にハマリ役。次から次へやりたい放題で、シン・フイオンをやり込める冒頭から、『ゴッド・ギャンブラー2(賭侠)』から引き続いての程東とのクライマックスの対決まで、全編快調。対するアンディ君も、開き直ったかのようなバカ演技と人の良さ滲み出まくりのキャラクター造形は、非常に好感が持てる。シンチー&マンタッの絶妙な掛け合いも見られるし、ロザは相変わらずキレイだし、楽しみどころ満載で、バリーの映画としてはホント最上の部類。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1991 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<My Mother is a Belly Dancer | 東方不敗在電影江湖 | 狼たちの絆>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。