ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
狼たちの絆
2006-10-14 Sat 23:23
縦横四海

製作年度:1991
公司:金公主(新里程)
原題:縱横四海/ONCE A THIEF
監督:ジョン・ウー
出演者:チョウ・ユンファ、チェリー・チェン、レスリー・チェン、ケネス・ツァン、朱江、胡楓
一言:"ハードボイルド"ジョン・ウーがフランスにロケし、肩の力を抜いて撮ったこじゃれた旧正月映画。二人の男と一人の女の危うい関係と冒険(アドベンチャー)をライトに描いた、香港版『冒険者たち』。"原題:縱横四海"は、本家『冒険者たち』の香港タイトルからそのまま拝借したものだとか。それなりに悪くはないんだけど、はっきり言って結構タルイよ。個人的にはこういうのも別に嫌いじゃないんで全然構わないけど、『男たちの挽歌(英雄本色)』なんかでジョン・ウーやユンファのファンになった人達にとって本作ってどうなんでげしょ?こういうカッコ良さとバカや諸々が共存する映画ってのは、本来香港の観客にとっては望むところだったようで、地元では大ヒット。前作『ワイルド・ブリット(喋血街頭)』で興行的に失敗を喫したジョン・ウーにとっては名誉挽回の嬉しい結果となった。まぁ何てったって、"亜州影帝"ユンファ、そして名コンビのチェリー、人気者レスリーの共演は話題性十分で、コレでヒットしないはずはない。その上引退を表明していたチェリーとレスリーにとって本作は、芸能界から惜別の記念作品と位置付けられていた。お話はさておき、狙い通り良くも悪くも華やかさにあふれた映画にはなっており、主演3人の個性、バランスもバッチリだ。まぁツッコミ所も満載の映画ではあるんだけど、それを怒る気にはならないよ。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1991 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<トリック大作戦 | 東方不敗在電影江湖 | プロジェクト・イーグル>>
この記事のコメント
ちょんわ~んせいほ~い(縱横四海)
因みに、この映画の中でチェリーの少女時代を演じた唐寧(子役時代は、江麗?とかいう名前だったかも?)は、今や成人して“TVB女優”と化し、<<正道塾>>に(笑)練習に来たりしてますぜ^^♪
2006-10-17 Tue 05:30 | URL | Eちゃん #DQxSaEQo[ 内容変更]
"アウ"ガール?
さすがは"ボンクラ"系芸能人のたまり場<<正道塾>>!是非アタクシメもお手合わせ願いたい!(アホ)

因みに、『ドラゴン ブルース・リー物語』でリー先生の少年時代を演じてたのは、最近港台の映画界で活躍してるダンカン・チョウ(周群達)ラッシーすねぇ~
2006-10-17 Tue 22:52 | URL | マッキー #-[ 内容変更]
おっ!
この映画、IFCのシネコンで見ました!
周囲は日本や香港のレスリーファンばかり、異様な盛り上がりで
恐かったですw
2006-10-19 Thu 23:08 | URL | nan #-[ 内容変更]
”迷”ばかり~
IFCのシネコンって、なんでも相当豪勢な作りらしいじゃないですか~ そういうところで、香港映画黄金期のこんな映画を見れるとは、ホント贅沢でうらやましいなぁ~
それにしてもnanさんは、ファンでもないのに(!)いろんなとこに出没されてますね。九龍塘のラブホやらセント何たら学院とかだけじゃなかったんですね・・・(笑)
2006-10-20 Fri 20:26 | URL | マッキー #-[ 内容変更]
そちらこそ~
インド映画の会場に出没してるんじゃないの~?(笑)
人の事言えないよw

サムファン繋がりで、いろいろとイベントのお知らせを頂くのですよ。
挽歌も縦横四海もIFCで見ましたわよ。
IFCのシネコンはスクリーンは大きくないけど、作りは日本の小規模
シネコンと同じです。キャラメルポップコーンなんかも売ってます。
2006-10-22 Sun 21:02 | URL | nan #-[ 内容変更]
マレーシアのボンクラ映画
> インド映画の会場に出没してるんじゃないの~?

情報早っ!
で、そのインド映画の前にマレーシアの『細い目』ってのを見たんですが、コレがなかなかのボンクラ映画でして・・・
主人公の女の子が"金城武"と"ジョン・ウー"のファンっていう設定で、『男たちの挽歌』について熱く語ったり、"ハリウッドに行ってからのジョン・ウーは何か違う"、"やっぱトラボルタよりチョウ・ユンファだ!"なんてセリフが続きます。さらに主題歌がサム・ホイなんですよ。映画自体も、青春映画としてなかなか悪くない出来でした。香港映画好きにはより一層楽しめると思うので、もし機会があれば是非nanさんにも見て頂きたいものです。ちなみに男の主人公の名前は"リーショールン"でした。(笑)
2006-10-23 Mon 21:11 | URL | マッキー #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。