ジャッキー世代!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
男たちの挽歌Ⅱ
2006-06-16 Fri 12:34
英雄本色Ⅱ

製作年度:1987
公司:新藝城(電影工作室)
原題:英雄本色Ⅱ/A BETTER TOMORROW Ⅱ
監督:ジョン・ウー
出演者:ティ・ロン、チョウ・ユンファ、レスリー・チェン、ディーン・セキ、エミリー・チュウ、レジーナ・ケント、ケネス・ツァン、關山、龍銘恩、呉孟達、シン・フイオン
一言:『男たちの挽歌(英雄本色)』空前の大ヒットを受け急遽製作された続編。コレはコレで、パワーに満ち満ち溢れた一作。前作で大ブレイクを果たした"ユンファ=マーク"は設定上死んでしまっていたけれど、もはやユンファ抜きで『英雄本色』は成立しない。でもそんなこと"無問題"!"Gメン"のヤン・ツェよろしく、双子の弟"ケン"として登場し、再びティ・ロン&レスリー兄弟の窮地を助ける。しかし、この映画の実の主役はディーン・セキ(石天)だったりする。そうジャッキーやサモの功夫映画におけるヘンテコなキャラで、80年代日本のお茶の間にも強烈な印象を残したあの石天ですよ。石天さん、すましてると実は案外カッコイイ顔してんだよね。その上、香港映画界に一時代を築いた"シネマ・シティ(新藝城)"の創設者であり、社長でもあったりする。まぁそんな力関係もあってか、ティ・ロン、ユンファ、レスリーを差し置いて、本作ではオイシイとこ独り占めですよ。シブカッコイイ黒社会のボス、娘を愛する父親、全てを失い狂ったバカ演技、そして復讐に立ち上がり銃弾の雨に向かって行く・・・ もう石天ファンには堪えられない映画だよ。(笑) ティ・ロンはまぁ、前作同様に弟思いでオトコ気あって魅力的だったけど、レスリーは"オマエ少しは身重の妻エミリーのこと考えてやれよ!"ってな感じ。ユンファは前作以上にカッコイイシーン目白押しでかなり活躍はしてくれるし、敵殺し屋との対決はかなりの見応えなんだけど、やはりマークのインパクトが強過ぎてそれ程印象的ではなかったかな。しかしながらジョン・ウーの演出は益々冴え渡り、傑作過ぎる前作の影に隠れがちではるけれど、コレも相当イイ線いってるよ。一説には2時間を超える別編集の完全版も存在すると言うが、それも是非見てみたいね。
スポンサーサイト
別窓 | 香港電影 1987 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<最後勝利 | 東方不敗在電影江湖 | シンデレラ・ボーイ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 東方不敗在電影江湖 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。